Journal

鞄に辞書までつめこんで2015.12.21

重たい女がやってきた。

 

はじめまして。

Rockakuはじめての公募採用で内定し、

11月より正式メンバーとなった中尾と申します。

 

面接で、

 

「道ばたにある、たぬきの置物を写真に撮るのが趣味です」

 

と発言したら、

 

初出社前の段階で、森田さんからいくつもの

たぬきの写真が送られてきたのが新鮮でした。

(実は保存していないなんて、言えません。)

 

関西出身ですが、普段は関西弁を隠しています。

 

たこ焼きのタネを作るのが恐ろしいほどヘタです。

ボケかツッコミでいうとボケですが、

ボケが細かすぎて(しょぼすぎて)東京ではあまりつっこまれません。

 

こんな人間です。

以後お見知りおきください。

 

さて、ブログタイトルの「鞄に辞書までつめこんで」ですが、

好きな作家さんへのオマージュと、

私がなんでも鞄に入れて持ち歩くクセから名付けました。

「もしかしたら使うかも…」と思うと、あれもこれも、つい。

 

そんなわけで、いつも尋常じゃない量の荷物を持ち歩いています。

重すぎて、たまに変なものが入っていても気づきません。

最近は重さに慣れてしまい、辞書を持ち歩いているときもあります。

(電子書籍ではなく、辞書)

 

そうそう、

ついさっき、その辞書で調べ物をして、素敵な言葉に出会いました。

 

【浅葱(あさぎ)】

 

色の名前として知られていますが、「控えめな人」という意味もあるそうです。

藍色を水で溶いたような透明感があり、主張しない雰囲気はまさに浅葱。

 

せっかくなので、こんな感じで毎回ひとつずつ、

その日見つけた素敵なことばを紹介していきたいと思います。

 

 

あ。今、鞄を覗いたらタマネギが1玉入っていました。

きっと小腹が空いたときに、食べるつもりだったのでしょう。

こんな私ですが、どうかよろしくお願いします。

中尾 奈津子

中尾 奈津子

1988年/大阪府大阪市出身/大阪デザイナー専門学校イラストレーション学科卒業
求人広告業界で約5年間、広告設計やデザイン、コピーワークを手がけ、Rockakuへ入社。得意分野は採用に関すること全般。だるまや信楽焼など、めでたいものが好き。自分もめでたい存在になりたい。

  • facebook